せいあん

蛙聲庵

 

 

蛙聲庵のホームへ戻る

紙の日時計 

日時計のメニューへ戻る

コーナー型日時計の目盛

2型小

発注の手順へ

 

コーナー型日時計の目盛(45型小)の使用例

image002

 ここでは、簡単な例を示しますが、

 どのように使用されるかはお客様がご自由にお考え下さい。

 

お送りするものは、

image007

ご希望により作成した、日時計と時計の時刻の換算表と

(時差の換算表の必要な方は、発注の際にお知らせください。)

image005

上の写真のような目盛盤(時計の文字盤)と壁板、底板の型紙を印刷した紙

この紙には

  @季節に関係なく使える目盛盤(時計の文字盤)

  A緯度設定用の目盛

  B壁板と底板の型

が、印刷されています。

コーナー型の日時計には時差補正目盛盤はついていません

 

用意していただくもの

image005

両面テープ (糊や接着剤は紙が伸び縮みしますので使わないでください)

ハサミなど紙を切る道具

スコッチテープかセロテープ 

(スコッチテープは、はがしやすく、修正が楽にできます)

image007

ボール紙など硬いもの、板でも、プラスチックでも構いません。

壁面と底面の補強に使いますので、硬いほど良いのですが、加工が

面倒になりますので、空き箱などのボール紙、段ボール、プラダン

(プラスチック・段ボール)など、試作の時にはやわらかいもので、

加工のしやすいものをお勧めします。

image009

錘と色の目立つ糸

 錘(おもり)は、垂直を出すための垂線の錘(おもり)として使います。ここでは魚釣りのかみつぶしを使いますが、他のものでも構いません。写真のように糸の両端に付け、潰してとめます。糸の長さは、錘と錘の間を78cm位にします。

 糸は、赤い糸が見やすいですが、黒でも、青でも、生成でも、白でも用途には耐えますので、お手元にあるもので構いません。細くて柔らかな、ミシン糸がお勧めです。

 

 

目盛盤と壁板、底板の切り抜き

天板と底板はつながっています。外周の実践に沿って切り抜いてください。

image011

切り抜き終わると、上の写真のようになります。

 

目盛盤(時計の文字盤)の接合

image013

接合には両面テープを使います。糊や接着剤を使用すると、紙が伸び縮みして

日時計が正確に時刻を示さなくなります。

image015

どちらか、片方の目盛盤の、三角盤の底辺の外の長方形に、上図のように

両面テープを貼り付けます。この長方形の幅は10mmですので、ここでは、

10mm幅の両面テープを使いました。

image017

 上図のように、両面テープを貼った目盛盤と両面テープを貼ってない目盛盤を近づけます。

 下図のように、細長い、長方形が、正確に重なるように、貼り付けてください。

image019

 

 

壁板と底板の折り曲げ加工

image021

壁板と底板を上の写真のように、先ず山折りで折り曲げます。

そのあとで、つなぎ目を内側に折り込み、谷折りにします。

image023

はじめから、このように谷折りに折ろうとするには、定規などを当てて、

折り曲げますが、熟練が必要ですので、一旦、山折りにしてから、

谷折りに修正すると、慣れていない方でも、簡単に谷折りにできます。

以下、谷折りにするところは、すべて同様に折ってみてください。

折る線が見えた状態で折り目がつけられるので、簡単です。

 

目盛盤の折り曲げ加工

image025

三角盤の底辺を分度器の90°の線で、山折りにします。

左右の2つの分度器で山折りにして上図の写真のようにします。

 目盛盤と三角盤の間の角も谷折りですが、山折りから始めます。

image027

目盛盤と三角盤の間の角を線の位置で上の写真のように山折りに折り曲げます。

それから、下の写真のように谷折りに折りなおします。

image029

 

 

次に、三角板と壁板や底板との接合部分も一度山折りにして、

image031

その後に、谷折りにします。

image033

三角盤の反対側でも、同様に折ります。

 三角盤と目盛盤の間を、先ず山折りにして、

image035

次に、谷折りにします。

image037

上図のように、それが済んだら、

下図のように、底板と、壁板の間を、先ず、山折りにして、

image039

それを、谷折りに直します。

image041

そうすると、

image043

上図のような、日時計の目盛盤(時計でいえば文字盤)の出来上がりです。

 

 

壁板や底板への目盛盤の固定

はじめに、壁板と底板にスコッチテープを貼り付けます。

糊や接着剤は紙が伸びてしまいます。

両面テープでは、貼り付け角度がずれたときに、貼りなおせません。

日時計が不正確になりますのでいずれも、使用しないでください。

 

image045

先に、折っておいた壁板と底板の型紙(上図)に、

日時計の目盛盤の型紙を重ねます。

image047

image049

そして上図の部分を、上からスコッチテープで貼り付けてください。

両面テープやセロテープで貼ると、一の修正ができなくなります。

上の写真では、位置が少しずれています。スコッチテープを、ペーパーナイフ

などではがして、貼りなおします。

image051

ぴったり位置が合ったら、さらに、スコッチテープでしっかり固定します。

この部分を固定したら、次に、もう一方も、同じように固定します。

そして、次には、下図の丸の中のコーナーをぴったり合わせて、固定します。

image053

image055

上図のように、反対側のコーナーも固定します。

それが済んだら、

 目盛盤の四隅を壁板、底板の線に重ねて、上からスコッチテープで

固定します。

 四隅を固定してから、目盛盤の各辺が浮き上がらないように

スコッチテープを辺の端から端まで貼り付けて固定します。

 

壁板と底板の補強

image057

用意した頂いた、ボール紙や板(上図)を、壁板や底板より少し大きめに

切り取ります。もう一枚、その2倍のポール紙か板を用意します。

これが、補強板になります。

 その上に、日時計を貼り付けます。手順としては、

まず、小さい方の補強板を、下図のように三角盤の頂点にある、

日時計の角に正確に合わせて固定します。

image059

この時も、両面テープや接着剤を使わないで、上からスコッチテープで

貼り付けるようにして固定してください。

image061

そして、大きい方の補強板を貼り付けます。

固定の手順は、先ず、スコッチテープで四隅を仮止めします。

image063

image065

image067

最後に、浮き上がらないように、各辺を固定すると

image069

下図のようになります。

image071

 

架台の作り方の例

image073

ここでは、菓子箱の空き箱を利用しますが、何で作ってもよいですし、

硬い板を、カメラの三脚などに乗せて作ってもよいと思います。

 箱を、下図のように置いて、そこに日時計を両面テープなどで

貼り付けます。

image075

三角盤の緯度目盛に、糸に錘(おもり)を付けたものを取り付けます。

image079

image077

足の幅を変えて、角度を調節して、設置場所の緯度に目盛を合わせます。

image083

上の写真は、北緯36°の場合です。

三角盤の緯度目盛の36°に垂線を合わせて設置します。

image085

北極点や南極点では、上図のようにして使います。

image087

赤道上のシンガポールなどでは、このようにします。

 

風の対策

 紙箱ではなく、合板や金属に文字盤を貼ると、多少の風では

動かなくなりますが、材料費は高くつきます。

 また、硬い板を写真用の三脚に固定して、それに、日時計を固定する方法

もあります。

 軽い日時計を紙で作り、周囲に石を置いて、動かなくする方法もあります。

この方が、安上がりで、なんといっても、家内に叱られて捨てる時にかさ張り

ません。

       いろいろ、試してみてください。

image089

今回は架台の足になる部分に石を乗せました。(上図)

 

日時計の設置

時差の確認

 日時計が指す時刻は、地方太陽時(地方視太陽時)です。一方、私たちが使っている時刻は、日本標準時(標準子午線での平均太陽時に合わせた原子時計の時刻です)。このため、日時計を合わせるためには、先ず、日本標準時と観測点の地方太陽時との時差を調べることから始めます。

image007

以下の撮影をしたのは529日でした。

蛙聲庵の日時計の換算表の529日の欄は22分です。

つまり、さいたま市見沼区春野では、日時計が、時計から22分進んでいます。

理科年表から計算しても構いませんし、ステラナビゲータなどで求めても

構いません。最初にその日の時差を求めてください。

電波時計の時刻に22分足した時刻に日時計をあわせます。

image091

電波時計が1138

これに、22分足すと

日時計は1200分ですので、

image093

 日時計を水平に回して、目盛盤の1200分に、三角盤の影を合わせます。

この時、観測地点の緯度に日時計の傾きが合っていることを確認してください。

さいたま市の場合、緯度は36°。垂線の赤い糸を36°にあわせます。

 ずれているときには、架台の傾きを変えて、一致させてください。

これで、日時計の設置は完了です。

あとは、時間の経過に合わせて、正しく時刻を指すかどうかを確かめます。

image095

5分後、電波時計は1143

image097

日時計は1205分を

指しています。

image099

1148分です。

日時計は1210分を

image101

指しています。

image103

電波時計が1153

日時計は1215

image105

image107

電波時計が1158

日時計は1220

image109

image111

電波時計が1218

日時計は1240

image113

image115

電波時計が1238

日時計は1300

image005

つねに、日時計が22分進んだ時刻を表示していますので、

日時計は正しく時刻を示しています。

 

日時計の保管

image117

箱に入れて保管される方も、そのまま、本棚の上などにおいておかれる方も

湿気やほこりを防ぐために、大きめのビニール袋に入れてください。

image119

袋の口を養生テープなどで塞ぎます。

日光や照明の強い光の当たらない、乾燥したところにおいておくと

何年も使えます。

 

 

 

発注の手順へ進む

日時計のメニューへ戻る

蛙聲庵のホームへ戻る